ぽん

Hey! Say! JUMPの楽曲のパート割文字起こしを主に書いています。リクエスト曲があればコメントへどうぞ!

9年前の今日。 [Hey! Say! JUMP]

 

9月21日はHey! Say! JUMPの結成日。

9年前の今日、彼らにデビューすることが伝えられた。

(9月24日はデビュー日。11月14日がCDデビュー日です。)

 

9年前の今日、彼らはそれぞれ何を思っていたのか。

 

今回はMYOJOの10000字インタビューより引用しました。

 

  • 薮宏太

うれしいけど、つらいみたいな。複雑でしたけどね。俺と光以外のYa-Ya-yahのメンバーは、何も知らない。それが、すげーつらかったですね。それでも、やるからには、みんなの分までやんなきゃって思いましたね。

  • 髙木雄也

俺はデビューできないかもって思ってたんで、メンバーに俺もいて、ホントうれしかったですね。

  • 伊野尾慧

知ってるヤツが本当に多いなーって。逆に山ちゃんとか知念とか圭人なんかは、全然話したこともなかったから、ビックリしたくらいかな。それに、複雑とかよりも、このメンバーに出会えて、本当によかったって思うんですよね。

集められたメンバーを見て正直、バランス悪いって思ったし(笑) 

年令も身長もバラバラだったから。

"できないことたくさんあるんですけど、どうするんですか?"って思ってました。

  • 有岡大貴

ホントになんだろう、未知数だな、すごく可能性を秘めてるなって思いましたね。根拠なき自信みたいな。なんかワクワクしたのおぼえてます。

自分より、歌もダンスもうまくて、長年、ずーっとやってる人たちもいる。その人たちよりも早く、こんな俺がメンバーに入っていいのかなって。でも、ここで断ったら、絶対に後悔するだろうなって。

 あの瞬間は、うれしかったけど、戸惑いましたね。だって、薮くんと光くんもいたんだよ。そのふたりといっしょ。"ホントこれ!?"って思いましたね。

  • 中島裕翔

すごい、うれしかったです。でも、デビューはしたけど、僕は立ち位置とか、メンバーとの関係性に悩み始めちゃって。

  • 知念侑李

とまどう間もないっていうか。今まで先輩として、すごいなと思ってた人たちを飛び越えてデビューしてしまった。僕たちの後ろで踊ってもらうこともあったりして、なんかすごく申し訳ないなって思ってました。

 

 

それぞれ期待、不安、疑問、様々な感情を持ってスタートラインに立った9人。

 

「常にアウェー」に見えたデビュー直後の景色。

「ひとつずついろんなものを手に入れてきた」9年間。

"ブレーク前夜" "一気に花開く予感を抱かずにはいられない"そう言われるまでになった。

 

彼らにはどんな景色が見えているのだろう。

 

待っているのはきっと、輝く未来。

それをこれからも見守っていたい、と心から思う。